SMBCモビットでキャッシング!利用限度額や金利は?申し込み方法から審査時間、返済方法など解説

smbc-mobit-top

SMBCモビットとは、SMBCグループのノンバンクカードローン会社です。

2018年のオリコン顧客満足度ランキングでは第一位となっており、利用者からの評判の高さがわかります。

それでは、SMBCモビットの基本情報や魅力、申込みから借入方法など基本的なところをチェックしましょう。

※2019年10月14日時点情報

基本情報

実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
審査時間 最短30分程度※1
10秒簡易審査※2
担保・保証人 不要
無利息期間 無し

※1 申込む時間帯や曜日によっては、翌営業日以降になる場合もあります。
※2 10秒簡易審査をご利用の場合は、暫定結果(仮審査結果)がすぐにわかります。

利用対象者は、年齢が満20才~69才の安定した収入のある方となっております。
アルバイトやパート、自営業の方でも安定した収入があれば利用可能です。

 

必要書類

申込みには有効期限内の「運転免許証」が必要です。
運転免許証をお持ちじゃない方は、次の書類でも可能となっております。

・保険証
・パスポート

上記のいずれかの書類を用意しましょう。
どうしても準備ができない場合は、コールセンターへ連絡し相談するといいでしょう。

また、借入希望額や他社での借入状況によっては、現在の収入がわかる書類が必要となります。
必須書類ではありませんが、必要になった場合すぐに提出できるように、予め準備しておくといいでしょう。

収入証明の書類に関しては、次のいずれかを用意しましょう。

・源泉徴収票の写し
・税額通知書の写し
・所得証明書の写し
・確定申告書の写し
・給与明細書の写し

給与明細書の場合は直近2か月分、賞与支給がある場合は年間の賞与額を確認できる書類も必要です。合わせて準備しましょう。

 

取引手数料

入会金や年会費などの費用はかかりません。

但し、提携ATMを利用して、借入や返済を行う場合は手数料がかかります。

・1万円以下の利用:110円
・1万円以上の利用:220円

借入時に発生した手数料は、次回返済時に支払います。
また、振込返済時に発生する振込手数料は、利用者の負担となります。

 

月々の返済額(借入後残高スライド元利定額返済方式)

「ご利用は計画的に」

よくこんなキャッチフレーズが使われていますね。
計画的に利用する為に、最低限覚えておきたい返済額を確認しましょう。

最終借入後残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超過 – 20万円以下 8,000円
20万円超過 – 30万円以下 11,000円
30万円超過 – 40万円以下 11,000円
40万円超過 – 50万円以下 13,000円
50万円超過 – 60万円以下 16,000円
60万円超過 – 70万円以下 18,000円
70万円超過 – 80万円以下 21,000円
80万円超過 – 90万円以下 24,000円
90万円超過 – 100万円以下 26,000円

実質年率18.00%で100万円までの例です。
100万円を超える場合は、最終借入後残高が20万円増すごとに、返済額が4,000円追加となります。

最終借入後残高 返済額
100万円超過 – 120万円以下 30,000円
120万円超過 – 140万円以下 34,000円
140万円超過 – 160万円以下 38,000円

上記のような形で返済額が増加していく形です。
自分がいくら借入をして、返済額はいくらになるのか、この辺りはしっかり把握しておきましょう。

上記の返済額はいわば最低返済額です。
ですので余裕がある場合は追加で返済することもできます。
提携ATMを利用して返済もできますし、指定口座へ振込返済もできます。
早く完済すればするほど支払う利息も少なくなりますので、余裕がある場合は追加で返済するのもいいでしょう。

 

SMBCモビットのメリット

消費者金融や銀行のカードローンなどお金を借りる選択は数多くあります。

その中でSMBCモビットを選ぶメリットとは?

次のようなものが挙げられます。

 

WEB完結!電話連絡・郵送物無し!

カードローンなど利用する際、職場への電話連絡(在籍確認)があります。

SMBCモビットでは一定の条件をクリアすれば、電話連絡なしのWEB完結で契約することが可能です。

1.以下のいずれかの銀行口座を保有

・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行
・ゆうちょ銀行

2.以下のいずれかの本人確認書類を提出

・運転免許証
・パスポート

3.以下のいずれかの収入証明を提出

・源泉徴収票の写し
・税額通知書の写し
・所得証明書の写し
・確定申告書の写し
・給与明細書(直近2か月分
※ 用意できる場合は合わせて1年分の賞与明細書も提出

4.お勤め先の確認ができる書類として、以下の2つを提出

・社会保険証、もしくは組合保険証
・給与明細書の1か月分
※ 3で給与明細書以外を提出する場合は必須。

WEB完結申込をされたい方は、上記書類を用意して申込を行うといいでしょう。

 

SMBCグループ

SMBCモビットはSMBCグループの会社です。

SMBCモビットの名前を知らない方でも、SMBCグループはご存知の方も多いのではないでしょうか。
三井住友銀行や三井住友カードなどが属する大企業ですので、信頼性が高く安心して利用することができます。

やはり知名度は重要なポイントですよね。

 

オリコン顧客満足度第1位

SMBCモビットは、2018年のオリコン顧客満足度ランキング・ノンバンクカードローン部門で1位に輝いています。

オリコン顧客満足度ランキングとは、実際の利用者にアンケート調査を行い、その回答を基に各ジャンルのランキングを発表しています。

ノンバンクカードローンの評価項目は、以下のA~Gの7項目あります。

A.金利
B.借入条件:2位
C.借り入れのしやすさ:3位
D.申込み手続き:1位
E.審査対応:1位
F.返済のしやすさ:1位
G.返済サポート:3位

7項目中6項目がベスト3に選ばれ、さらに3項目が1位という結果になっております。

実際に利用した人の声が反映されているので、選ぶ基準になりますね。

 

SMBCモビットのデメリット

メリットがあるように、人によってデメリットに感じてしまう点もあります。

他社と比較する際、参考になるようにこちらについても紹介します。

 

無利息期間が無い

銀行や消費者金融会社などで借入を行う際「初めての方は30日間利息0円」などというものがあります。

全ての会社がこうしたサービスを行っているわけではありませんが、大手消費者金融会社や一部の銀行系カードローンで存在しています。

しかしSMBCモビットでは、無利息期間がありません。

「一時的に借りる(30日以内に一括返済できる)」

こういった場合は「利息0円期間がある会社」を利用するのも1つの選択肢にいれておくといいでしょう。

ただ、SMBCモビットにはWEB完結などのメリットもありますので、そちらも考慮した上で検討するといいでしょう。

 

申込方法

SMBCモビットで申込を行う際、いろいろな方法があるので自分に合った方法を選択できます。

・パソコンからWEB申込
・スマホからWEB申込
・電話申込
・モビットのローン契約機
・三井住友銀行内にあるローン契約機
・郵送

電話連絡・郵送物なしで申込を行いたい方はWEB完結申込を。
初めてのキャッシングで不安がある場合は、電話でオペレーターに相談しながら申込むこともできます。

 

借入方法

SMBCモビットでは複数の借入方法があります。

・振込キャッシング
・提携ATMを利用
・スマホATM取引

具体的に、どのような流れで行うものなのかチェックしてみましょう。

 

振込キャッシング

振込キャッシングは、自分の銀行口座に振込みをしてもらって借りる方法です。

銀行口座に振り込みを行うので、コンビニや銀行ATMなど好きなところで引き出すことができます。

受付時間によりますが、最短3分程度で振込みが行われます。

受付時間 振込時間
平日0:00~9:30 当日9:30頃
平日9:30~14:50 受付完了から最短3分後
平日14:50~24:00 翌金融機関営業日9:30頃
土・日・祝日 翌金融機関営業日9:30頃

 

提携ATM(コンビニATM含む)

モビットカードを利用して提携ATMを利用してキャッシングする方法です。

提携ATMを利用する場合は、モビットカードが必要となります。

提携ATMは、以下の通りです。

提携ATM一覧
セブン銀行(セブンイレブンにあるATM) E-net(ファミリーマート等にあるATM)
ローソンATM(ローソンにあるATM) イオン銀行
三井住友銀行 三菱UFJ銀行
ゆうちょ銀行 第三銀行
福岡銀行 親和銀行
熊本銀行 北洋銀行
北海道銀行 みちのく銀行
仙台銀行 常陽銀行
足利銀行 栃木銀行
群馬銀行 武蔵野銀行
千葉銀行 京葉銀行
横浜銀行 横浜銀行
第四銀行 北陸銀行
大垣共立銀行 十六銀行
スルガ銀行 中京銀行
百五銀行 京都銀行
池田泉州銀行 但馬銀行
南都銀行 紀陽銀行
トマト銀行 もみじ銀行
西京銀行 百十四銀行
西日本シティ銀行 宮崎銀行
信用金庫(一部除く) プロミス
クレディセゾン 駅のATM 「VIEW ALTTE」
駅ナカ銀行ATM PatSat

※提携先により、1回辺りの利用制限が設けられる場合があります。その場合は、複数化に分けて借入を行う必要があります。
※利用するATMによって「ご利用明細および領収書が発行されるATM」「ご利用明細および領収書が後日発行されるATM」があります。

WEB完結の場合はモビットカードが発行されないので、振込もしくはスマホを利用する方法で借入を行います。

 

スマホATM取引

スマホATM取引は、セブン銀行ATMでスマホを使って借入を行う方法です。

スマホで借入をする場合は、モビットが提供しているスマホアプリ「モビットアプリ」が必要となります。

借入をできるのはセブン銀行ATM(セブンイレブンのATM)のみですが、銀行口座やモビットカードは一切必要ありませんので、うっかりカードを見られて誰かにバレてしまうということはありません。

最近はキャッシュレス、カードレス化が進んでいますので、このようにスマホ1つで借入を行えるのは魅力の1つではないでしょうか。

 

増額方法

「利用限度額いっぱいまで使ってしまったけど、どうしてもお金が足りない」

そういう状況になってしまう方もいると思います。

そうした場合、増額申請をするのも1つの手です。

増額申請をする方法はコールセンターへ電話相談になります。

その際、利用用途や現在の収入、登録情報の変更の有無など確認されて審査へ移ります。

無事審査に通過することでようやく増額といった形です。

また、利用実績に応じて増額できる可能性がある人には、メールなどでお知らせが届きます。
この場合は、WEBにてお申込みも可能です。

誰にでも届くわけではないので、この場合は増額できる可能性が上がるかと思われます。
増額を希望される場合はお知らせ等を一度確認してみるとよいでしょう。

 

返済方法

SMBCモビットでは、都合に合わせて返済方法を選ぶことができます。

・口座振替
・提携ATM
・指定口座へ振込

提携ATMはコンビニも含まれていますので、忙しいときでも簡単に返済を行うことができます。
また口座振替を利用する場合は、次のいずれかの銀行口座が必要となります。

・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行
・ゆうちょ銀行(WEB完結のみ対象)

支払いを忘れてしまう可能性がある人は口座振替の利用をオススメします。
支払いを何度も遅れたりするとカードの利用停止や自身の信用情報に傷を付ける可能性もあります。

 

SMBCモビットまとめ

SMBCモビットは、WEB完結のできる消費者金融です。

・電話連絡なし
・郵送物なし
・カード発行なし

トリプルナッシングで、プライバシーをしっかりと守ってくれます。

キャッシングを利用する際、在籍確認がネックだという方も多いと思いますが、そういった方はSMBCモビットの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

SMBCモビットのお申込みはこちら
SMBCモビット

all-list-go