オリックス銀行カードローンの審査や返済方法は?申込み前に確認したい基本情報を解説

orixbank-cardloan-top

オリックス銀行カードローンの金利や利用限度額、必要書類や特徴などお申し込み前に知りたい情報を中心に解説しています。

他にも他社にはないサービスとして「ガン保障特約付きプラン」があります。

オリックス銀行カードローンの最大の特徴となっているのでこの点もあわせて紹介しています。

※2019年9月23日時点情報

基本情報

実質年率 1.7%~17.8%
利用限度額 最大800万円
審査時間 翌営業日以降
担保・保証人 不要
無利息期間

ご利用いただけるのは、以下の条件を満たす方となっております。

・申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満の方
・毎月安定した収入のある方
・日本国内在住(外国籍の方は永住者または特別永住者)の方

毎月安定した収入があるのでしたら、パート・アルバイトの方でもお申し込みいただけます。

必要書類

オリックス銀行カードローンを利用するには「本人確認書類」と「収入証明書類(所得証明書類)」の写しが必要となります。

お申し込み前に必要な物を確認して、あらかじめ用意しておくようにしましょう。

本人確認書類は以下の通りです。

・運転免許証
・運転経歴証明書
・各種健康保険証
・個人番号カード
・パスポート
・在留カード
・特別永住者証明書

本人確認書類は必須となっているので、お申し込み前に用意しておきましょう。

収入証明書類(所得証明書類)は必須書類ではありません。
主に「ご利用限度額が50万円を超える場合」に必要となります。

ただし、50万円以下の借入を希望する場合も提出をお願いされることがあります。
ですので念のために用意しておくといいと思います。

すぐに提出ができると、その分審査もスムーズに進みます。

収入証明書類は以下の通りです。

▼「お勤めの方」

・源泉徴収票
・住民税決定通知書または課税証明書
・納税証明書(その2)
・確定申告書(付表含む)

▼「個人事業主」「会社経営の方」

・住民税決定通知書または課税証明書
・納税証明書(その2)
・確定申告書(付表含む)

「お勤めの方」は源泉徴収票も提出可能ですが、「個人事業主・会社経営の方」は源泉徴収票以外のものが必要となります。
「個人事業主・会社経営の方」は二度手間にならないように注意しましょう。

また、返済方法が口座引落しの場合は、預金口座振替依頼書が必要となります。

注意事項

※ 個人番号カードは表面のみご提出ください
※ パスポートは日本政府発行のものに限ります
※ 現住所が裏面にある本人確認書類に関しては、表と裏の両方を提出する必要があります。
※ 「本籍地/個人番号/臓器提供意思表示/通院歴/保健医療情報」の情報は塗り潰して提出してください。
※ 上記本人確認書類以外の書類を提出する場合は、法定書類であることが必須となります。詳細はお申し込みの際にオリックス銀行へお問い合わせください。
※ 外国籍の方で通称名によるお取り引きを希望される場合は、別途届出書類が必要ですので、ご利用の際はオリックス銀行へお問い合わせください。

取引手数料

オリックス銀行カードローンは年会費などの手数料はかかりません。

提携ATMの利用手数料も0円となっているので、無駄な費用はかからず使いやすいカードローンとなっています。

月々の返済額

「ご利用は計画的に」

カードローンは計画的に利用することが大切です。

いくら借りたら、いくらの返済が必要になるのか?

少なくとも毎月の返済額は把握しておくようにしましょう。

オリックス銀行カードローンの毎月の返済額は、以下のようになっています。

借入残高 毎月の返済額
30万円以下 7,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超150万円以下 30,000円
150万円超200万円以下 35,000円
200万円超250万円以下 40,000円
250万円超300万円以下 45,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円
500万円超600万円以下 70,000円
600万円超 80,000円

返済日は「10日」と「月末日」から選択できます。

お給料日が5日の場合は「10日」、25日の場合は「月末日」と都合にあわせて選ぶようにしましょう。

「提携ATM」または「返済専用口座へ振込」で返済する場合は、入金日時次第で約定返済(毎月の返済)とならず、再度返済が必要になることもあります。

ですので約定返済期間を把握し、返済計画を立てるようにしましょう。

約定返済期間の基準となるのは「約定返済日の14日前の午前3:00時点」となっております。
詳細は以下の通りです。

あとで困らないように、上記の約定返済期間は覚えておくようにしましょう。

オリックス銀行カードローンの特徴

オリックス銀行カードローンの特徴とは?

お申し込みを検討されている方にとって気になる部分だと思います。

ここではオリックス銀行カードローンの特徴やメリットなどを紹介したいと思います。

ガン保障特約付きプラン「Bright」

オリックス銀行カードローンの最大の特徴はガン保障特約付きプラン「Bright」があることです。
一般的なカードローンには保障特約などはありませんので、オリックス銀行カードローンならではの特徴といえます。

ガン保障特約と聞くと保険料が気になると思いますが、「Bright」の保険料は無料(オリックス銀行負担)となっております。

「Bright」は、万が一の時に「借入残高に充当しローン残高0円」にするためのものです。
医療費や死亡保険金として、自分や家族が受け取れるタイプの保険ではありません。
また、万が一というのは「死亡」「高度障害」「ガンと診断確定されたとき」です。

支払われる保険金は「死亡」や「高度障害」、「ガンと診断確定された」時点の借入金です。

例えば、ガンと診断確定された日が4/1だった場合

4/1時点の借入残高は保険金でカバーされます。
しかし4/2に新たに50万円を借入した場合、4/2の50万円は保険金の対象外となり返済が必要となります。

必ずしも全額が保険金でカバーできるわけではありませんので、加入する際は覚えておきましょう。

提携ATMの利用手数料は0円

カードローンはATMで利用することも多いですが、ATMの利用手数料や時間外手数料がかかることもあります。

しかしオリックス銀行カードローンなら終日手数料は0円で提携ATMを利用することができます。

例えば、提携ATMで2万円を10回借入した場合
1万円を超える取引手数料は、200円(税抜)かかることが多いです。
つまり10回で2,000円の取引手数料がかかることになります。

手数料がかからないということは、この2,000円がかからないので、その分を返済に充てたりすることもできます。

繰り返し使うと手数料も大きな金額になるので、手数料0円のオリックス銀行カードローンは使いやすいカードローンだと思います。

申し込みから利用までWEB完結

オリックス銀行カードローンは、インターネットで24時間申し込み受付をしているので、自分の好きなタイミングで申し込み可能です。

必要書類の提出もWEBでアップロードできるので郵送手続きなどもありません。

また、振込融資を行っているため、お借入もWEBで利用可能です。

ローンカードは自宅に郵送にてお届けとなりますが、それ以外の手続きは全てWEBで完結することができます。

申し込み方法

オリックス銀行カードローンのお申し込み方法は「インターネット申込み」となっております。

パソコンやスマートフォンがあれば、いつでも好きなときにお申し込みができます。

24時間受付可能となっているので、時間を気にする必要もありません。

借り入れ方法

オリックス銀行カードローンのお借り入れは、以下の方法があります。

・振込融資
・提携ATM

2つの借り入れ方法が用意されています。

振込融資

振込融資の場合は、本人名義の指定口座へ振込をしてもらう形でお借り入れができます。
パソコンやスマートフォン、お電話にて手続きができます。

実際に振込みされる時間は「振込先金融機関」や「受付時間」により異なります。
あとで困らないように、この時間は覚えておくようにしましょう。

(1)振込先金融機関が「ジャパンネット銀行」の場合

曜日 受付時間 振込時間
平日 0:10~23:50 即時
土・日・祝日

(2)振込先金融機関が「その他銀行(ジャパンネット銀行以外)」の場合

曜日 受付時間 振込時間
平日 0:10~8:40 当日9:00~10:00
8:40~15:00 当日中
15:00~23:50 翌営業日9:00~10:00
土・日・祝日 0:10~23:50 翌営業日9:00~10:00

※ システムメンテナンスのため、毎日3:00~4:10はご利用をできません。

提携ATM

提携ATMの場合はローンカードを使って提携ATMより引き出す流れとなります。
利用限度額の範囲内なら何度でも繰り返しお借り入れができます。

利用できる時間帯は、提携ATMにより異なるので確認しておきましょう。

(1)対象ATMとご利用いただける時間帯

▼対象ATM
セブン銀行ATM
E-netATM
ローソン銀行ATM
イオン銀行ATM
三菱UFJ銀行ATM

曜日 利用時間
平日 0:15~3:00
4:10~23:50
土曜 0:15~3:00
4:10~23:50
日曜・祝日 0:15~3:00
4:10~23:50

(2)対象ATMとご利用いただける時間帯

▼対象ATM
三井住友銀行ATM

曜日 利用時間
月曜 7:00~23:45
火曜~土曜 0:15~3:00
4:10~23:45
日曜 0:15~3:00
4:10~21:00

(3)対象ATMとご利用いただける時間帯

▼対象ATM
西日本シティ銀行ATM

曜日 利用時間
平日 7:00~23:00
土曜 8:00~21:00
日曜・祝日 8:00~21:00

(4)対象ATMとご利用いただける時間帯

▼対象ATM
ゆうちょ銀行ATM

曜日 利用時間
平日 0:15~3:00
4:10~23:40
土曜 0:15~3:00
4:10~23:40
日曜・祝日 0:15~3:00
4:10~23:40
注意事項

※ イオン銀行のみ、毎月第2月曜日1:30~7:00はシステムメンテナンスのため利用できません。
※ 三菱UFJ銀行ATMのみ、毎月第2土曜日21:00~翌7:00はシステムメンテナンスのため利用できません。
※ 三井住友銀行ATMの場合、祝日は当該曜日の営業時間にて利用できます。
※ ゆうちょ銀行ATMのみ、毎月第3月曜日は7:00からのお取り扱いとなります。
※ 利用時間帯でも提携先の営業時間やシステムメンテナンス等で利用できない場合があります。
※ 提携ATMによって、1回あたりの取引可能額が異なります。
※ お借り入れとご返済では利用できる時間帯等が異なります。
返済につきましては後ほど紹介する【返済方法】をご覧ください。

増額方法

オリックス銀行カードローンの増額方法は「お電話によるお申し込み」となります。

「カードデスク」へ連絡して申し込みをする流れです。
受付時間は、以下の通りです。

・受付時間は平日9:00~18:00
・土日祝日および12/31~1/3は休業日

もう少し借りたいときは他社で新たに借り入れをする方法もありますが、複数社に借りるより一社の方が管理がしやすいです。
そのため、増額もひとつの選択肢にいれて検討するのがよいでしょう。

返済方法

オリックス銀行カードローンは、以下の返済方法を用意しております。

・口座引落し
・ATM返済
・振込返済

ご自身の都合にあわせて選択するとよいでしょう。
それでは、簡単にそれぞれを紹介します。

口座引落し

口座引落しの場合は、事前に金融機関口座の登録が必要です。
ただし、以下の一部金融機関口座は引落しができません。

・商工中金
・農林中央金庫
・ジャパンネット銀行を除くネット系銀行
・外資系銀行
・漁業協同組合
・オリックス銀行

この点は覚えておくとよいでしょう。
また、オリックス銀行カードローンでは「登録口座」と「振込専用口座」の2つの登録ができます。
それぞれ異なるので、この2つの違いも覚えておくとよいかもしれません。

登録口座

登録口座はお申し込み時に登録が必要です。
振込融資を使うときに振込先として利用されたり、返済方法が口座引落の場合は毎月の返済金を引き落としするために利用されます。

振込専用口座

振込専用口座は「登録口座」とは別に、任意に登録する口座です。
振込融資を使うときに融資金を受け取るための専用口座となります。
「登録口座」とは違い、「振込専用口座」では口座引落はできません。

ATM返済

ATM返済の場合は、ローンカードを使って提携ATMから返済をします。

返済は1,000円単位ですが、一部ATMでは1円単位で返済することも可能です。
手数料は終日無料となっているので、その辺の費用に関して心配する必要もありません。

それでは提携ATMや利用時間を確認しておきましょう。

(1)対象ATMとご利用いただける時間帯

▼対象ATM
セブン銀行ATM
E-netATM
ローソン銀行ATM
イオン銀行ATM

ご返済は紙幣のみ可能です。

曜日 利用時間
平日 0:15~3:00
4:10~23:50
土曜 0:15~3:00
4:10~23:50
日曜・祝日 0:15~3:00
4:10~23:50

(2)対象ATMとご利用いただける時間帯

▼対象ATM
三菱UFJ銀行ATM

一部ATMでは硬貨(1円単位)による返済も可能です。

曜日 利用時間
平日 0:15~3:00
4:10~23:50
土曜 0:15~3:00
4:10~23:50
日曜・祝日 0:15~3:00
4:10~23:50

(3)対象ATMとご利用いただける時間帯

▼対象ATM
三井住友銀行ATM

一部ATMでは硬貨(1円単位)による返済も可能です。

曜日 利用時間
月曜 7:00~23:45
火曜~土曜 0:15~3:00
4:10~23:45
日曜 0:15~3:00
4:10~21:00

(4)対象ATMとご利用いただける時間帯

▼対象ATM
西日本シティ銀行ATM

一部ATMでは硬貨(1円単位)による返済も可能です。

曜日 利用時間
平日 7:00~19:00
土曜 8:00~19:00
日曜・祝日 8:00~19:00

(5)対象ATMとご利用いただける時間帯

▼対象ATM
ゆうちょ銀行ATM

ご返済は紙幣のみ可能です。

曜日 利用時間
平日 0:15~3:00
4:10~23:40
土曜 0:15~3:00
4:10~23:40
日曜・祝日 0:15~3:00
4:10~23:40
注意事項

※ イオン銀行のみ、毎月第2月曜日1:30~7:00はシステムメンテナンスのため利用できません。
※ 三菱UFJ銀行ATMのみ、毎月第2土曜日21:00~翌7:00はシステムメンテナンスのため利用できません。
※ 三井住友銀行ATMの場合、祝日は当該曜日の営業時間にて利用できます。
※ ゆうちょ銀行ATMのみ、毎月第3月曜日は7:00からのお取り扱いとなります。
※ 利用時間帯でも提携先の営業時間やシステムメンテナンス等で利用できない場合があります。
※ 提携ATMによって、1回あたりの取引可能額が異なります。
※ お借り入れとご返済では利用できる時間帯等が異なります。
返済につきましては後ほど紹介する【返済方法】をご覧ください。

振込返済

振込返済をする場合は、お客さまごとに用意された返済専用口座に振り込みをする流れです。

ご利用の金融機関によって、金融機関所定の振込手数料がかかる可能性があります。
この振込手数料はお客さまご負担となっています。

ですのでお使いの金融機関口座で、もし振込手数料がかかるようなら提携ATMで返済をしたほうがお得です。

まとめ

オリックス銀行カードローンを紹介しました。

オリックス銀行カードローンの最大の特徴は「ガン保障特約付きプラン」があることです。
他社のカードローンではこういった保険プランはありませんので、万が一の不安がある場合はオリックス銀行カードローンを利用するのもよいでしょう。

お借入時も各種手数料はかかりませんので、使いやすいカードローンだと思います。

all-list-go