ノーローンでキャッシング!申し込み方法や審査、利息、返済額や一週間無利息についてなど解説

top-no

ノーローンは新生パーソナルローン株式会社が提供するカードローンです。

レイクALSAと同じく新生銀行グループの金融会社となっております。

ノーローンは他社にはない面白いサービスも行っているので、こちらについても合わせて紹介します。

※2018年11月23日時点情報

基本情報

実質年率 4.9%~18.0%
利用限度額 1万円~300万円
審査時間 最短20分
担保・保証人 不要
無利息期間 1週間無利息※

※1週間無利息は、何度でも使うことができます。
詳しくは「ノーローンのメリット」で紹介します。

必要書類

ノーローンを利用するにあたって必要な書類があります。

本人確認書類は必須、希望利用額などによって収入証明書類も必要となります。

では、どのような書類を準備すればいいのか確認しておきましょう。

本人確認書類は顔写真付きのものが好ましいです。

・運転免許証
・パスポート
・個人番号カード(マイナンバーカード)
・住基カード

顔写真付きの本人確認書類がない場合は「健康保険証 + 住民票等」を用意しましょう。

住民票等とありますので他の書類でも代用はできそうです。

忙しくて用意ができないという方はコールセンターへ連絡し、相談してみるといいでしょう。

また、上記書類の住所と現住所が異なる場合は、次の書類のいずれか1点を用意しましょう。

・国税または地方税の領収書または納税証明書
・公共料金の領収書
・官公庁発行の本人特定記載事項の各種証明書類(住民票等)
・社会保険料の領収書

いずれも発行日から6ヶ月以内のものが必要です。

収入証明書類が必要となるのは

・ノーローンでの借入希望額が50万円を超える場合
・ノーローンでの借入希望額と他社借入額の総額が100万円を超える場合

このようになっております。

上記に該当する方は、次のいずれか1点が必要となります。

・源泉徴収票
・納税通知書
・年金証明、年金通知書
・確定申告書
・所得証明書

いずれも最新のものを用意しましょう。

上記書類が難しい場合は、給与明細書2か月分と賞与がある場合は1年分の賞与明細書を準備しましょう。

取引手数料

振込による借入時や新生銀行カードローンレイクのATMは手数料がかかりません。

しかしコンビニなどの提携ATMを利用した場合は手数料がかかります。

・1万円以下の取引は108円
・1万円超の取引は216円

手数料はこのようになっております。

借入時に発生する手数料は、次回返済時に支払う形です。

月々の返済額

ノーローンの返済方式は「借入金額スライドリボルビング方式」となっております。

借入後の残高を基準に返済額が変動する仕組みです。

ノーローンで借入を行った場合、月々の返済金額は次のようになります。

契約利用限度額
借入後残高 30万以下 30万超~100万円 100万円超
10万円以下 4,000円 3,000円 3,000円 2,000円
10万超~20万円まで 8,000円 6,000円 6,000円 4,000円
20万超~30万円まで 12,000円 9,000円 9,000円 6,000円
30万超~40万円まで 12,000円 12,000円 8,000円
40万超~50万円まで 15,000円 15,000円 10,000円
10万円増えるごとに 3,000円増加 3,000円増加 2,000円増加
90万超 ~ 100万円まで 30,000円 30,000円 20,000円
190万超~200万円まで 60,000円 40,000円
290万超~300万円まで 90,000円 60,000円

ノーローンの返済金額は、契約限度額や金利で異なります。

契約限度額は審査をしてみないとわからないものですので、一番高い返済額を目安に考えておくのが無難でしょう。

また、上記返済金額はあくまでも最低金額ですので、余裕があるときは追加で返済も可能です。

ノーローンのメリット

数ある消費者金融会社の中で、ノーローンを選ぶメリットとは?

この点も気になると思います。

ここでは、ノーローンの魅力やメリットについて紹介します。

何度も使える無利息期間

ノーローンの無利息期間は「 何度も使える 」のが特徴です。

その月、初めての利用(前月に完済している場合のみ)から1週間が無利息期間となります。

完済すると完済月の翌月から無利息期間をまた利用できるので、借りた月に返済すれば毎月無利息期間を利用できます。

1回目 ⇒ 1月20日に5万円借りて1月25日に5万円返す。
2回目 ⇒ 2月20日に5万円借りて2月25日に5万円返す。
3回目 ⇒ 4月20日に10万円借りて4月25日に10万円返す。

全部利息はかかりません。

他社の無利息期間は、ノーローンに比べると期間が長いものが多いですが、何度も利用することはできません。

ですので上記例の2回目以降は普通なら利息が発生しています。

この点を考えるとノーローンを利用するメリットは大きなものになるのではないでしょうか。

no-1

 

ポイントが貯まる!

ノーローンでは支払い利息額に応じてポイントを貯めることができます。

ポイントコースは次の3つから選ぶことができます。

・楽天スーパーポイントコース
・ネットマイルコース
・Gポイントコース

はじめに参加登録をする必要はありますが、その後は自動的にポイントが付与されるので面倒なこともありません。

分割返済などで長めの返済期間がある方は、特に恩恵を受けることができます。

こういったサービスも上手に活用しましょう。

※ポイントの対象となるのは「返済額」ではなく「利息額」です。
5,000円が返済額で4,000円が元金充当、1,000円が利息充当の場合は、1,000円がポイントの対象です。

来店不要、即日キャッシングが可能!

ノーローンは来店不要で契約することができます。

9:00~20:30までに申込みを完了した場合は、最短20分程度で審査が完了します。

ですので即日キャッシングも可能となっています。

大手消費者金融を含め、早いところで最短30分程度となっているので、急ぎの場合はノーローンの利用を検討してみるのもいいかもしれません。

ノーローンのデメリット

人によってはデメリットに感じてしまうところもあります。

では、どの辺りがデメリットになりえるのか?

こちらについても紹介していきます。

無利息期間が短い

メリットとして「なんども使える無利息期間」を挙げました。

確かになんども使えるのは魅力的ですし、非常に大きなメリットになります。

しかし他社と比較すると無利息期間がやや短めに設定されています。

ですので「一度きりの借入で返済まで一ヶ月かかる」というような人にはデメリットになります。

この場合は「30日間無利息」サービスがある他社を選択肢に入れてみるのもいいかもしれません。

申込方法

ノーローンの申込み方法は、次の3つの方法があります。

・WEB申込み
・電話申込み
・自動契約機

申込み方法によって受付時間など異なりますので、それぞれ確認しておくといいでしょう。

WEB申込み

WEB申込みの場合は、パソコンやスマホから24時間いつでも受付可能となっております。

審査結果は受付時間次第で翌日回答となりますが、24時間いつでも申込みができるので忙しい方でも利用できます。

ちなみに審査回答時間は9:00~20:30となっております(年末年始を除く)。

カードの受け取りは、自宅へ郵送もしくは自動契約機で受け取ります。

来店が難しいけど、すぐにお金が必要な場合は即日振込サービスを利用することも可能です。

以下の時間までに審査結果が出た場合は、即日振込サービスを利用することができます。

・楽天口座を持っている方は17時まで
・楽天口座を持っていない方は12時半まで

お急ぎの方は、なるべく早めに申込みをするといいでしょう。

電話申込み

電話申込みは9:00~21:00まで受付可能です。

年中無休となっているので平日忙しい方でも利用することができます。

電話申込みの場合、オペレーターに相談しながら申込むことができるので、初めてのキャッシングで不安や疑問がある方は電話で申込むのも1つの手段です。

女性でも安心して利用できるように、女性オペレーターが対応してくれる女性専用ダイヤルも設置してあるので、女性の方も安心して利用できます。

自動契約機

ノーローンは、新生銀行カードローン レイクの自動契約コーナーから申込むことができます。

営業時間は8:45~21:00までとなっており、土日祝日も営業しています(第3日曜日は19:00まで)。

20:30までに来店し、申込みを行うことで即日キャッシングも可能です。

カード発行もその場でできますので、誰にも会わず申込みから契約まで可能です。

お急ぎの方は、自動契約機の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

借入方法

ノーローンは、利用者が自分の都合で使いやすいように、大きく分けて3つの借入方法を用意しています。

・リアルタイム融資
・振込による借入
・提携ATMで借入

一定の条件がある方法もありますので、各借入方法についてみていきましょう。

リアルタイム融資

ノーローンでは「リアルタイム融資」という借入方法があります。

インターネットで手続きをし、言葉通りリアルタイムで借入を行うことができます。

但し、利用するには楽天銀行の口座が必要となっております。

リアルタイム融資のメリットとして次のものが挙げられます。

・いつでもどこでも24時間借入が可能
・土日も夜間も手数料無料で借入可能

システムメンテナンス等で利用できない場合もありますが、それ以外はいつでも借入可能。

急な出費にも対応してもらえるので助かりますね。

ノーローンで契約をお考えの方は、合わせて楽天銀行の口座開設を行うのもいいでしょう。

振込による借入

楽天銀行をお持ちじゃない方も振込による借入は可能です。

但し、この場合はリアルタイム振込ではありません。

受付時間と振込時間は次の通りです。

曜日 受付時間 振込時間
平日 0:00~10:00 当日11:00頃までに振込
10:00~13:00 当日14:30頃までに振込
13:00~24:00 翌営業日11:00頃までに振込
土日祝日 0:00~24:00 翌営業日11:00頃までに振込

土日は翌営業日となってしまいますが、平日なら13時までに受付で当日振込が可能です。

受付はインターネットもしくは電話にて手続きすることができます。

提携ATMで借入

提携ATMを利用して借入する方法もあります。

提携先金融機関やコンビニ、ショッピングセンターにあるATMを利用できるので「買い物途中でお金が足りないことに気付いた!」こんなときでも、すぐに利用できるので助かりますね。

提携ATMは以下の通りです。

提携ATM一覧
新生銀行カードローン レイクATM セブン銀行(セブンイレブン等にあるATM)
E-net(ファミリーマート等にあるATM) ローソンATM(ローソン等にあるATM)
イオン銀行(イオン店舗に設置しているATM) クレディセゾン
愛知銀行 熊本銀行
山陰合同銀行 親和銀行
スルガ銀行 第三銀行
東京スター銀行 西日本シティ銀行
広島銀行 福岡銀行

「新生銀行カードローン レイクATM」の手数料は無料となっております。
その他は有料となりますので覚えておきましょう。

また、取扱時間も提携ATMにより異なります。
おおよその利用時間は下記の通りです。

提携ATM 取扱時間
レイクATM 07:30~23:30
セブン銀行 00:10~23:50
E-net 07:00~23:40
ローソンATM 07:00~23:00
イオン銀行 00:20~23:40
クレディセゾン 07:00~23:50
愛知銀行 08:00~21:00
熊本銀行 08:00~21:00
山陰合同銀行 07:00~23:40
親和銀行 08:00~21:00
スルガ銀行 00:30~21:00
第三銀行 07:00~23:00
東京スター銀行 00:20~23:40
西日本シティ銀行 07:00~23:00
広島銀行 08:00~21:00
福岡銀行 08:00~21:00

※上記の取扱時間はおおよその目安です。
曜日やメンテナンス等で利用できない時間帯もありますのでご注意ください。

増額方法

「急な出費でお金が足りない!」

こんなこともあると思います。

そういう場合は、他社で新たに借入をする前に増額を検討してみるのもいいでしょう。

増額はその人の収入や他社の借入状況により異なりますが、契約限度額いっぱいまで使っている場合でも増額することができます。

・インターネットにより申込み
・電話による申込み

2つの方法がありますので都合に合わせた方法で申込みをしましょう。

インターネットの場合は、会員ページより「増額即時審査サービス」を利用することで、審査結果をすぐに知ることができます。

便利なサービスもありますので、増額したい方は利用してみるといいでしょう。

返済方法

ノーローンでは、返済する方法を自由に選ぶことができます。

・インターネット返済

ノーローン指定の銀行口座を持っている場合は、インターネットでの返済が可能です。
リアルタイム返済となっておりますので、銀行などに行く時間がない忙しい方にはオススメです。

・提携ATM(コンビニ含む)

コンビニや提携先金融機関のATMを利用して返済することができます。
一部提携先ATMは借入しかできませんので、事前に確認しておくといいでしょう。

・振込返済

ノーローン指定の銀行口座へ振込をして返済することもできます。
振込返済を利用する際、振込手数料はお客様負担となっております。

・口座振替

自動引落しの口座振替で返済することもできます。
事前に手続きする必要がありますが、支払い忘れを防止することができますので、忘れっぽい方は口座振替を強くオススメします。

ノーローンまとめ

ノーローンの一番の魅力は【なんども使える無利息期間】にあると思います。

他社でも無利息期間はありますが「なんどでも使える」のはノーローンだけです。

「給料日前の数日だけ時々借りたい」

こういう方には特にぴったりだと思います。

「借入は短期間に限る」

そんな方は、ノーローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

all-list-go