金融ブラックも即日現金化!給料ファクタリングとは?

早急にお金が必要になった時、一番に思いつくのは「借りる」という手段だと思います。

・親族、知人に借りる
・カードローンで借りる
・クレジットカードのキャッシング

色々な方法がありますね。

しかし最近は「借りる」だけでなく「ファクタリング」を用いる方も増えています。

ファクタリングとは、ひと言で説明すると「資金調達手段の一つ」です。

まだまだファクタリングを知らない人も多いと思うので、今回はそんなファクタリングについて紹介していきたいと思います。

 

ファクタリングとは

ファクタリングとは、資金調達方法の一つで「債権を譲渡して現金化すること」をいいます。

債権とは?
ひと言で説明すると「請求する権利」のことで、身近なものでは給料があります。
給料は労働を提供したことに対して「請求する権利」があります。
他には後日支払われる予定の売掛金なども債権となります。

つまり、ファクタリングをわかりやすく説明すると

給料や売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらって、前倒しでお金を手にいれる方法です。

ファクタリングは「事業者向け」のタイプもありますが、今回紹介していくのは個人向けの「給料ファクタリング」となります。

それでは、給料ファクタリングについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

給料ファクタリングとは

給料ファクタリングとは、後日支払われる「給料」をファクタリング会社に買い取ってもらい、現金化する方法となります。
給料があることを前提としているため、無職の方はファクタリングを利用することはできません。

しかし仕事をされて給料がある場合は、金融事故(いわゆる金融ブラック)の方でも利用可能です。

冒頭でも紹介したように、ファクタリングは債権を譲渡してお金を手に入れます。
つまり売買契約となりますから、信用情報を基に審査をすることはないのです。

ですからブラックかどうかは関係なく利用できます。

また、ファクタリングには2つの種類があります。

・2社間ファクタリング
・3社間ファクタリング

ファクタリングの種類によって利用する際の流れも異なるので、それぞれのファクタリングについて確認していきましょう。

 

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは、言葉の通り2社間で行うファクタリングのことです。
給料ファクタリングの場合は「個人(利用者)」と「ファクタリング会社」の間で行うことを指しています。

契約や支払い等は自分とファクタリング会社の間で行います。
ですから勤務先の同意を得る必要もなく、勤務先にバレずにファクタリングができるというメリットがあります。

デメリットは3社間ファクタリングに比べると「手数料が高い」という点が挙げられます。

 

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングとは、3社間でファクタリングを行うことをいいます。
給料ファクタリングの場合は「勤務先」と「個人(利用者)」と「ファクタリング会社」の間で行うことを指しています。

2社間ファクタリングとは異なり、勤務先を交えてファクタリング契約をする必要があります。
そのため勤務先の同意を得る必要があり、ファクタリングを利用することが勤務先にバレてしまいます。
この点は3社間ファクタリングのデメリットになります。

2社間ファクタリングに比べると「手数料が安い」というメリットもありますが、多くの場合はデメリットが上回るのではないでしょうか。

 

給料ファクタリングのメリット

続いてはファクタリングのメリットを確認していきましょう。

・金融ブラックでもOK
・利息はかからない
・即日現金化
・総量規制の対象にならない

それでは、一つずつ確認していきましょう。

 

金融ブラックでもOK

消費者金融や銀行は、信用情報を基に審査をするので「金融ブラック」だと借入が難しいケースがあります。

金融ブラックとは「自己破産・債務整理・返済の遅延」などの金融事故情報があることをいいます。

しかしファクタリングは借入ではないので、信用情報を基に審査をすることはありません。

給料を買い取る形になるので、仕事をしている給与所得者なら金融ブラックの方でも利用可能となっています。

この点はファクタリングの大きなメリットになると思います。

 

利息はかからない

先ほど紹介したように、ファクタリングはお金の貸し借りではありません。

ですから利息はかかることもありません。

しかしファクタリングにおける手数料はかかります。

手数料については後ほどデメリットの項目で紹介します。

 

即日現金化

銀行などから融資を受ける際、審査に時間がかかることもあります。

しかしファクタリングならスムーズにいけば即日現金化も可能です。

ですから早急にお金が必要な場合は、ファクタリングの「即日現金化」はメリットになると思います。

 

総量規制の対象にならない

お金を借入する場合は信用情報にその事実が掲載されます。

しかしファクタリングの場合はお金の貸し借りではないので、信用情報にその事実が載ることはありません。

つまり、貸金業者ではないので総量規制の対象にならないのです。

ですから、

・既に総量規制の上限まで借入しているけどお金が必要なった
・住宅ローンの審査中だから信用情報に借入の事実が残るのは困る

このようなケースでもファクタリングは有効な手段だと思います。

 

給料ファクタリングのデメリット

続いてはファクタリングのデメリットを確認していきましょう。

・手数料が高い
・分割払いはできない
・給料以上の買取はできない
・悪徳業者もいる

それでは、一つずつ確認していきましょう。

 

手数料が高い

ファクタリングはカードローンなどと違い、利息はかかりません。

しかしファクタリング取引の手数料はかかります。
この手数料は業者によって違いはありますが「10%~30%」で設定されていること多いです。

お金に困っている時にこの数字を見ると「安い」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、冷静に考えるとかなり高額であることがわかると思います。

ファクタリングの場合

仮に手数料10%で10万円をファクタリングすると「10,000円」の手数料がかかります。

消費者金融の場合

年率18%で10万円を借入した場合は、30日間借りても利息は「1,479円」です。

比較すると差額は「8,521円」となります。
これが手数料20%だったら「18,521円」、30%なら「28,521円」の差額となります。

ですからファクタリングは使いすぎると、かなり損をしてしまうことになるので注意も必要です。

 

分割払いはできない

キャッシングやカードローンは分割払い(リボ払い)ができます。
返済に時間はかかりますが、分割払いをすることで毎月の負担を減らすことができます。

しかしファクタリングの場合は分割払い(リボ払い)はできません。
既に買い取ってもらっている以上、買い取ってもらった分は一括で支払う必要があります。

ですからファクタリングを無計画に使うと、お金に困窮してしまう可能性もあります。

 

給料以上の買取はできない

給料ファクタリングは、直近の給料(月収)を買い取ってもらう形です。
2ヵ月後、3ヵ月後の給料をまとめて買い取ってもらうことはできません。

ですから給料(月収)以上の現金化はできないのです。

消費者金融の場合は総量規制はあるものの、年収の3分の1までは借入できる可能性があります。
給料以上のお金が必要な場合は、消費者金融を利用するのがよいでしょう。

 

悪徳業者もいる

ファクタリング業者の中には悪徳業者も存在します。

「ファクタリングだと思って申し込みをしたらヤミ金だった」
「最初に言っていた手数料より高く取られてしまった」

このような事例などもあります。

ですから早急にお金が必要な場合でも、焦らずに優良業者を選ぶようにしましょう。

 

まとめ

給料ファクタリングを中心に紹介してきました。

当記事は

・給料ファクタリングというものがある
・給料ファクタリングとはどんなものか

を紹介する記事であって、給料ファクタリングをオススメするものではありません。

デメリットでも書いたように、給料ファクタリングは手数料が高いです。
そのため、消費者金融などから借入した方が断然お得です。

しかし中には消費者金融等から借入できず、やむを得ない事情がある方もいると思います。
そういった方はファクタリングという資金調達手段もあるということを覚えておくといいかもしれません。

all-list-go