カードローンの申込時に必要な本人確認書類と所得証明書類について解説!

moushikomi

カードローンは申込や契約の際に必要となる書類がいくつかあります。

当記事では、主な必要書類である「本人確認書類」と「所得証明書類」について紹介します。

初めてのカードローンでよくわからないという方もいると思いますが、ぜひ当記事を参考にしてみてください。

カードローンの申込時に必要な書類とは

カードローンの申込時に必要な書類とは何か?

まずこの点については、以下の書類が必要になります。

・本人確認書類
・所得証明書類

本人確認書類は必須となっているので、必ず用意しなくてはいけません。

しかし所得証明書類はケースバイケースとなっているため、不要な人もいます。
この点については後ほど詳しく紹介するので、ここでは一度省略させていただきます。

それでは、上記2点の書類は、どのようなものを用意するのでしょうか。

本人確認書類、所得証明書類の順番で紹介していきます。

 

本人確認書類について

本人確認書類は、カードローンの申込時(または契約時)に必ず用意しなくてはいけない書類です。

本人確認書類がない場合は、基本的にカードローンの契約はできません。

「基本的に」というのは?
銀行カードローンの場合は、既に銀行口座をお持ちの場合に限って、本人確認書類の提出が不要となっているケースもあります。
ただし、全ての銀行ではありませんので、申込前に確認するようにしましょう。

カードローンには必ず審査があり、この時に本人確認を行います。

本人確認は、申込内容に不備がないか確認したり、第三者によるなりすまし行為等の犯罪防止のために行います。

ここで不備があると次のステップへ進むことができないので、申込内容を間違えないように気をつけましょう。

本人確認書類を提出するタイミングは業者によって異なりますが、必須書類なので申込前に用意しておくのがベストでしょう。

なお、本人確認書類は有効期限内のものに限られます。
期限切れのものは本人確認書類として利用することはできません。

それでは、本人確認書類はどんなものがあるのかを確認していきましょう。

 

本人確認書類の一覧

まずは本人確認書類を一覧にて紹介します。

顔写真付きの本人確認書類
運転免許証 運転経歴証明書
パスポート 個人番号カード
住民基本台帳カード 在留カード
特別永住者証明書 各種福祉手帳
顔写真が無い本人確認書類
健康保険証 被保険者資格証明書
年金手帳 母子健康手帳
住民票 戸籍謄本

本人確認書類は色々とありますが優先順位としては

1.顔写真付きの本人確認書類
2.顔写真が無い本人確認書類

となります。

顔写真付きの本人確認書類の中でも、一番に優先されるのが「運転免許証」です。

ですから運転免許証をお持ちの場合はそちらを提出するようにしましょう。
運転免許証は、どこでも本人確認書類として有効です。

運転免許証をお持ちでない場合は、その他の顔写真付き本人確認書類を用意しましょう。

外国籍の方は在留カードまた特別永住者証明書が必要になることが多いので、いずれか1点を忘れないようにしてください。

顔写真付きの本人確認書類が無い場合は、健康保険証などの顔写真が無い本人確認書類を用意します。

 本人確認書類の注意点
運転免許証やパスポートでしたらほぼ全ての業者で利用できますが、その他の本人確認書類では受け付けていないケースもあります。
ですから利用する前に受付可能な本人確認書類か確認するようにしましょう。

また、顔写真が無い本人確認書類を提出する場合は、追加書類の提出を求められるケースがあります。

例えば、

・健康保険証と住民票
・健康保険証と公共料金の領収書

といった形で求められます。
ですから顔写真が無い本人確認書類を提出する場合は、これらのことも考えて事前に確認するか、いくつか用意しておくのがいいでしょう。

また、本人確認書類に記載の住所と現住所が異なる場合も追加書類が必要となります。

この点は、顔写真付きの本人確認書類を用意する人も同様です。

以下、追加書類の参考。

・公共料金の領収書
・国税や地方税の領収書
・社会保険料の領収書
・国や官公庁が発行した書類

などで「氏名」や「現住所」が確認できるものが追加書類となります。

ご自身の状況に応じて、必要となる書類を用意しておくといいでしょう。

 

各社の本人確認書類の一覧

ここでは、一部の銀行・消費者金融・信販会社のカードローン申込時に必要な本人確認書類を紹介します。

紹介内容は各社の公式ページを基に記載していますが、記載がない書類でも受付可能なケースはあります。

「利用したい業者はあるけど持ってる本人確認書類の記載がない」

このような場合は、一度お問い合わせしてみるのがよいでしょう。

それでは、各社の本人確認書類を紹介していきます。

商品名 本人確認書類
SMBCモビット 運転免許証
健康保険証
パスポート
プロミス 運転免許証
パスポート
健康保険証+住民票等
アイフル 運転免許証
運転経歴証明書
パスポート
住民基本台帳カード
特別永住者証明書
在留カード
公的証明書類
個人番号カード
三井住友銀行カードローン 運転免許証
個人番号カード
パスポート
住民基本台帳カード
上記以外は要お問い合わせ
ミスターカードローン 運転免許証
住民基本台帳カード
在留カード
特別永住者証明書
各種健康保険証
個人番号カード
パスポート
ベルーナノーティス 運転免許証
運転経歴証明書
パスポート
健康保険証

まず、第一に提出をお願いされるのが「運転免許証」です。

本人確認書類の鉄板ですね。

無い場合は他の書類の提出になりますが、ある場合は運転免許証を提出しましょう。

 

所得証明書類について

所得証明書類は、所得(収入・年収)を証明する為の書類です。

本人確認書類は必須書類となっていましたが

所得証明書類はケースバイケースとなっており必ずいるものではありません。

また「消費者金融などの貸金業者」と「銀行」で対応も異なる書類となっています。

貸金業者の場合は、以下に該当する方の所得証明書類を確認し、返済能力を調査することが法律で義務付けられています。

・50万円を超える借入をする場合
・自社借入額と他社借入額の合計が100万円を超える場合

上記に該当する方が貸金業者を利用する場合は、所得証明書類が必要となります。
銀行は貸金業者に該当しないので、上記に該当する場合も所得証明書類が必要ないこともあります。

しかし最近は、銀行でも「50万円を超える借入をする場合」は所得証明書類を必要としていることが多いです。

また、50万円以下でも審査の過程で必要になることがあります。
ですから申込~契約までスムーズに進めていきたいと考えている場合は、事前に用意しておくのがいいと思います。

それでは、所得証明書類にはどんなものがあるのか確認していきましょう。

 

所得証明書類の一覧

まずは所得証明書類を一覧にて紹介します。

所得証明書類の一覧
源泉徴収票 所得証明書
住民税決定通知書 給与明細書
確定申告書 青色申告決算書
収支内訳書 支払調書
年金証書 年金通知書

住民税決定通知書は、税額通知書と表記されていることもあります。
給与明細書に関しては、直近2か月分必要になることがあります。

いずれの書類を提出するにしても「最新の書類が必要」です。

また、所得証明書類は職業によって異なる場合があります。

お勤めの方は、源泉徴収票や給与明細書で問題ないので、あまり気にする必要はないです。

しかし個人事業主や法人代表者の場合は、市区町村が発行する所得証明書や住民税決定通知書、確定申告書などが必要になることがあります。

この点の対応は消費者金融や銀行などによって対応は異なります。
ですから事前に確認するか、複数の書類を用意しておくのがいいでしょう。

 

各社の所得証明書類の一覧

ここでは、一部の銀行・消費者金融・信販会社のカードローン申込時に必要な所得証明書類を紹介します。

紹介内容は各社の公式ページを基に記載していますが、記載がない書類でも受付可能なケースはあります。

もし、下記一覧にお持ちの書類が無い場合は、お問い合わせして確認するようにしましょう。

商品名 本人確認書類
SMBCモビット 源泉徴収票
税額通知書
所得証明書
確定申告書
給与明細書
プロミス 源泉徴収票
確定申告書
給与明細書
アイフル 源泉徴収票
給与明細書
住民税決定通知書、税額通知書
確定申告書
青色申告決算書
収支内訳書
支払調書
所得証明書
年金証書、年金通知書
三井住友銀行カードローン 給与明細書類
源泉徴収票
税額通知書
納税証明書
所得証明書
確定申告書
ミスターカードローン ▼給与所得者の場合
源泉徴収票
市区町村が発行する所得証明書
(住民税課税決定通知書等)
確定申告書
給与明細直近1ヵ月分
▼個人事業主および法人代表者の場合
市区町村が発行する所得証明書
(住民税課税決定通知書等)
確定申告書
(付表付)
ベルーナノーティス ▼会社員・パート・アルバイトの方
源泉徴収票
給与明細書
(2ヵ月分)
▼年金受給者の方
年金振込通知書
年金証書
▼自営業者の方
確定申告書
▼上記書類以外に有効な書類
青色申告決算書
納税通知書
課税証明書
収支内訳書
支払調書

前述したとおり、お勤めの方は源泉徴収票や給与明細書でほぼ問題ないといえます。

しかし個人事業主の方や法人代表者の場合は、確定申告書や住民税決定通知書が必要になることも多いです。

ですからご自身に職業にあったものを用意するようにしましょう。

 

まとめ

申込時に必要な書類を紹介しました。

所得証明書類に関しては不要な人もいると思いますが、スムーズに申込~契約をしたい人は事前に用意しておくことをオススメします。
前述したように審査の過程で必要になる人もいるからです。

事前に用意していなかったことで契約が遅くなってしまって

「必要な日までに借入できなかった」

このようなことにならないように、所得証明書類がお手元にあるかどうかは最低限確認しておきましょう。

all-list-go