申し込みブラックって何?カードローンに申し込む前に覚えておくべき注目ワード!

NG

銀行カードローンや消費者金融へ申し込む前に「申し込みブラック」について覚えておくようにしましょう。

申し込みブラックとは、わかりやすく紹介すると審査に通りづらくなってしまう状態のことです。

これを知らずに複数申し込みをしたりすると、あとで困ってしまうこともあるので申し込み前にぜひお読みください。

また、既に申し込みブラックの可能性がある方にも参考にしていただける項目があります。
ですので該当する方もこのままお読みいただければと思います。

申し込みブラックとは

moushikomi-bk

申し込みブラックとは、短期間に複数のカードローンやキャッシングサービス、クレジットカードに申し込みをして審査に通りづらくなってしまう状態をいいます。

多重申し込みと呼ばれることもあります。

自己破産や債務整理、延滞を繰り返し行ったときの「金融ブラック」や「ブラックリスト」とは異なるものです。

・過去に一度もカードなどを持ったことはない
・カードを持ったことはあるけど支払いに遅れたことはない

このような方々も申し込みブラックになってしまう可能性は十分あります。
ですので実際にお申し込みをする前に、申し込みブラックに関する情報をチェックすることをオススメします。

 

なぜ申し込みブラックになるのか?

消費者金融や銀行カードローン、クレジットカード会社は申し込みがあると個人信用情報機関に情報を登録・照会をします。

ですので他社での申し込み状況がわかってしまうのです。

ここで短期間で複数の申し込みがある人は

・クレジットカードの現金化が目的ではないか?
・この人はかなりお金に困っているのではないか?
・借りるだけ借りて、踏み倒しのリスクがあるのではないか?

などの疑いが生じてしまい、結果的に審査に通りづらくなってしまいます。

ただ「申し込みブラック」というステータスがあるわけではありません。
そのため申し込みブラックの基準は各社で異なるものとなっております。

しかしおおよその目安はあります。
続いては申し込みブラックになってしまう目安を確認していきましょう。

 

申し込みブラックになってしまう目安

申し込みブラックは支払い状況などに関係なく、誰でもなってしまう可能性があります。

しかし申し込みブラックになってしまう目安を覚えておけば、うっかりミスをしない限り申し込みブラックになることはないでしょう。

申し込みブラックの目安

一般的に1ヶ月間で3件以上の申し込みをすると「申し込みブラック」になるとされています。

※上記はあくまで目安です。申し込みブラックにならないことを保証するものではありません。

しかし、1ヶ月に2件までなら申し込みブラックにならないわけではありません。
1ヶ月目2件、2ヶ月目2件・・・とむやみに件数を重ねるといずれ申し込みブラックになる可能性が高いです。

そのため、余裕を持って3ヶ月で3件以上の申し込みは「申し込みブラック」、という目安で覚えておくとよいかもしれません。

ただ、先ほども書いたとおり審査に関しては各社で対応が異なります。
A社では申し込みブラックで審査に通らない場合でもB社では通ることもあります。

 

申し込みブラックの確認方法

check

申し込みブラックは、個人情報信用機関で自分の情報を開示することで確認できます。

しかし申し込みブラックは正式な言葉ではありません。
そのため個人信用情報機関で自分の情報を開示しても「申し込みブラック」や「多重申し込み」と登録されていません。

また、前述した通り審査基準に関しても各社で対応が異なるため、正確な申し込みブラックの確認方法はありません。

短期間に複数の申し込みをしているのなら申し込みブラックの可能性がある、程度でしかわからないのが現状です。
一般的には1~3ヶ月以内に3件以上の申し込みをしていると、申し込みブラックの可能性があるとされています。

 

申し込みブラックになってしまったら?

申し込みブラックになってしまったら、すぐに元通りにすることはできません。

個人信用情報機関にある申し込み情報が消えるのを待つしかないのです。

これは自分の好きなタイミングで消せるものではなく保管期間が決まっています。

 

申し込みブラックはいつ消える?

それでは申し込みブラックはいつ消えるのでしょうか。

申し込みブラックは個人信用情報機関に登録された情報を基にしています。
つまり、その情報がなくなれば自然に申し込みブラックの状況も解消されます。

申込み情報が登録されるのは6ヶ月間となっているので、6ヶ月経過すれば申し込みブラックが解消されるということになります。

既に複数のお申し込みをしてしまった場合は、一番最後に申し込んだ日から半年間を目安に考えておきましょう。

 

申し込みブラックを回避する方法

申し込みブラックにならないためには、短期間(一度)に何件も申し込みをしないことです。

カードローンやクレジットカードは審査に時間がかかることもあります。
そのため、一度に複数の申し込みをしたり、遅いからといって途中で違うところに申し込みをする人もいます。

そうなると申し込み情報が蓄積されて「申し込みブラック」になってしまい、通る審査も通らなくなってしまう可能性があります。

ですので申し込みをする際は、ご自身の状況を踏まえた上で業者を選び、1社ずつ申し込みをするようにしましょう。

銀行カードローンは消費者金融に比べると、金利が低めに設定されていることが多いです。
しかし審査に時間がかかることも多いです。

消費者金融は銀行カードローンに比べると、金利がやや高めに設定されていることが多いです。
しかし審査時間は比較的早く最短当日~翌日に借り入れが可能です。
ですのでお急ぎの場合は、最初から消費者金融へ申し込みをして申し込みブラックにならないようにしましょう。

色々な消費者金融がありますが、大手の消費者金融は対応も丁寧ですのではじめて利用する方にもオススメです。

 

申し込みブラックでも借りれるのか

Revolving

申し込みブラックになると審査の通過率が下がることが多いです。

しかし絶対に無理というわけではありません。
何度か紹介したように審査基準は各社で対応が異なるからです。

銀行カードローンや大手消費者金融でも審査に通ることはありますが、申し込みブラック期間の審査は厳しい傾向にあるようです。

ですので申し込みブラックの可能性が高い人は、柔軟な対応をしてくれる中小消費者金融も選択肢にいれて検討しましょう。

中小消費者金融だからといって審査に甘いわけではありません。
しかし大手とは違い、機械的な審査ではなく、個々の事情を聞いた上で融資してくれるところも多いです。
そのため、申し込みブラックのみが原因で借り入れができない場合は、借りれる可能性があります。

上記3社は中小消費者金融の一部です。
他にも色々な消費者金融がありますので、特徴などをご確認の上お申し込みをしましょう。

 

まとめ

申し込みブラックについて紹介しました。

「ブラック」という言葉なので「自己破産」「債務整理」「返済の遅れ」などが原因と思われる人も多いですが、申し込みブラックに関しては別です。

・これまで一度も借り入れをしたことがない
・クレジットカードすら持っていない
・返済の遅れなどは一切ない

というような信用情報が綺麗な方でもなってしまう可能性があるものです。

ですので急にお金が必要になってしまった場合も、焦らず同時に複数の申し込みはせずに、自分にあった業者を探して1件ずつ申し込みをするようにしましょう。

all-list-go