リボ払いとは?キャッシングサービスを利用するなら覚えておくべきポイント!

Revolving

「リボ払いは危ないから使わない方がいい」

こんな声を耳にすることも多く、リボ払いに対してネガティブなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

しかし実際はそこまで危ないものではなく、リボ払いの種類や仕組み、特徴などを理解した上で利用すれば返済計画も立てやすい支払い方法です。

この記事では、既にリボ払いを利用している方はもちろんですが

「そもそもリボ払いとは?」と疑問をお持ちの方

「リボ払いの種類や仕組みを知りたい」という方

など色々な人の参考になるようにリボ払いのポイントを詳しく解説しています。

リボ払いとは

リボ払いとは 「リボルビング払い」の略称で、カードローンやキャッシングサービス、クレジットカードの支払い方法(返済方法)のこと です。

分割払いと比較されることもありますが、分割払いは利用ごとに支払額が確定します。
ですので利用回数や金額が増えると支払い金額も増えていきます。

しかしリボ払いは、利用回数や金額に関係なく、あらかじめ決められた「一定の金額」を支払いしていきます。
つまり、5万円使っても10万円使っても、支払う金額は同額となります。

他には「一定の割合」で支払いをしていくリボ払いや、利用残高に応じて返済金額がスライドするリボ払いもあります。
詳しくは【リボ払いの種類や仕組み】で紹介します。

「リボ払いは元金(借入金や利用金額)が減らない」「リボ払いはやばい」などの声もときどき聞こえてくるので、リボ払いに対してネガティブなイメージをお持ちの方もいると思いますが、うまく使えばそれほど危険なものではありません。

比較的毎月の返済額は小さいので、無理な返済計画を立てずに済みますし、一定額なので管理もしやすいものとなっています。
ただし、返済額負担が小さく一定額だからといって、頻繁にリボ払いを利用していると「元金がなかなか減らない」、「リボ払いはやばい」という状態になってしまいます。

また、リボ払いには色々な種類があります。
種類については後ほど紹介しますが、 リボ払いの種類やカード会社などによって一定額の支払い金額は異なるので、リボ払いを利用する際はどのようなリボ払い方式なのか、一定額のお支払い金額はいくらなのか、この辺りは利用前にチェックする ようにしましょう。

では、リボ払いの種類をみていきましょう。

リボ払いの種類や仕組み

image36

ひと言で「リボ払い」といっても、色々な種類のリボ払いがあり、種類によって仕組みが違います。
そして会社によって採用しているリボ払いの種類は異なるので、同じ金額を利用した場合でもお支払い金額に違いが出ることが多々あります。

「同じリボ払いだからA社と同じ」と考えていると思わぬ落とし穴にはまってしまうかもしれません。

ですので利用するカード会社、金融会社はどのようなリボ払いを採用しているのか、この点も利用時は確認しておくといいでしょう。

まずリボ払いを大きく分けると、以下の3つがあります。

・定額方式
・定率方式
・残高スライド方式

また、それぞれ 「元利型」  「元金型」 があります。

元利型の場合は、支払う一定の金額に利息分も含まれており、利息分を差し引いて余った金額が元金に充てられます。

元金型の場合は、支払う一定の金額に利息分は含まれておらず、別途で利息も支払います。

元利型は利息込みでしたが、元金型は別途利息を支払うので一定の金額は全て元金に充てられます。

つまり同じ方式であっても 「元利型」  「元金型」 で支払う金額が異なるので、この点も覚えておきたいポイントです。

では3つの方式について確認していきましょう。

定額方式

定額方式とは、あらかじめ設定した一定の金額を支払う方式のことで、「元利定額リボルビング方式(以下、元利定額)」「元金定額リボルビング方式(以下、元金定額)」があります。

元利定額の場合は、あらかじめ設定した「一定の金額のみ」を支払います。
支払いをした一定の金額から利息を引いて、余った金額が元金に充てられます。

元金定額の場合は、あらかじめ設定した「一定の金額(元金)」と「利息」を支払います。
利息は別途で支払いをするので、一定の金額部分は全て元金に充てられます。

共通点は どちらもあらかじめ設定した一定の金額を支払うこと です。

元利は利息を含む、元金は利息を含まないと覚えておくと分かりやすいかもしれませんね。

定率方式

定率方式とは、あらかじめ設定(契約)した割合(定率)の金額を支払う方式のことで、「元利定率リボルビング方式(以下、元利定率)」「元金定率リボルビング方式(以下、元金定率)」があります。

元利定率の場合は、「元金に利息を加えた合計金額」に対してあらかじめ設定した割合の金額を支払います。
支払いをした金額のうち、利息分を差し引いて残りは元金に充てられます。

元金定率の場合は、「元金」に対してあらかじめ設定した割合の金額と別途利息を支払います。
利息は別途支払うので、設定した割合分は全て元金に充てられます。

定額方式は5万円でも10万円でも支払い金額は同じですが、 定率方式は割合(定率)で支払い金額を算出するので毎月変動する場合があります 

この点は覚えておいたほうがいいでしょう。

残高スライド方式

残高スライド方式とは、利用残高(借入残高)に応じて返済額が変動する方式で、「定額方式」「定率方式」と合わせて利用されます。

具体的に紹介すると、以下の残高スライド方式があります。

残高スライド元利定額リボルビング方式
残高スライド元金定額リボルビング方式
残高スライド元利定率リボルビング方式
残高スライド元金定率リボルビング方式

基本は「定額方式」や「定率方式」と同じで、一定の金額や割合を支払います。
ただし、「残高スライド」と付くように、利用残高に応じてお支払いする一定の金額や割合が変動します。

例えば、通常の「定額方式」の場合は、利用残高10万円でも30万円でも15,000円を支払うと設定されているのなら、完済するまで15,000円を支払い続けます。
しかし、 「残高スライド」の場合は、利用残高10万円までは5,000円、利用残高20万円までは10,000円、利用残高30万円までは15,000円と段階的に支払う一定の金額が変動 します。

ですので、利用残高をしっかり把握しておくことが大切です。
「まだ10万円しか使っていないと思ってたのに、実は11万円で支払い金額が増えていた」
こんなことになってしまうと支払いに遅れが生じてしまう場合もあるので、十分注意するようにしましょう。

では、リボ払いの特徴やメリット、デメリットについてみていきましょう。

リボ払いの特徴とは

image02

リボ払いの特徴とは何か?

これからリボ払いの利用を検討している人や、なんとなくリボ払いを利用している人にとって気になるポイントだと思います。

簡単に特徴を紹介すると、以下の2点が挙げられます。

・毎月一定の支払い金額でわかりやすい
・支払い金額は比較的小さいので負担が少ない

上記2点の特徴は、 メリットでもありますが「リボ払いは危ない」「リボ払いは終わらない」と言われるようにデメリットにもなり得るもの です。

詳しくはこのあと紹介するメリットとデメリットで書きますが、リボ払いを利用するときは一括払いや分割払いを利用するとき以上に、計画的に利用するようにしましょう。

また、キャッシングサービスやクレジットカードで自動的にリボ払いになっていることもあり、意外と何も知らずに利用している人も多いと思います。

そういう方は、この機会にリボ払いについての知識や理解を深めて、上手に付き合っていけるようにしましょう。

リボ払いのメリット

merit-image

リボ払いについて理解を深めたところで、メリットについて紹介していきます。

リボ払いのメリットとして、以下のようなものがあります。

・毎月の支払い金額は一定額で返済管理がしやすい
・お支払い金額は比較的低めなので負担が小さい
・お支払いを先送りできる

リボ払いにネガティブなイメージをお持ちの方もいると思いますが、悪いことばかりではありません。

 うまく活用すれば、非常に便利なお支払い方法 となっています。

では、上記3点について、それぞれ見ていきましょう。

 

1.毎月の支払い金額は一定額で返済管理がしやすい

リボ払いは利用回数に関係なく、お支払い金額は毎月ほぼ一定額なので返済管理がしやすいです。

分割払いで十分と考える方もいると思いますが、分割払いの場合は利用ごとにお支払い金額が確定し、利用すればするほど月の支払い金額が積み重なっていきます。

ですので利用頻度によっては「気が付いたら、請求額がすごいことになっていた!」こんなこともあるかもしれません。

「返済管理のしやすさ」この点はリボ払いのメリットになると思います。

 

2.お支払い金額は比較的低めなので負担が小さい

リボ払いは毎月一定額でのお支払いをしていくものですが、そのお支払い金額が比較的低めに設定されていることが多いです。

そのため、 月々のお支払い負担が小さくなり、無理のない返済計画を立てることができます 

ただし、毎月の負担が小さいので、全てを支払い終えるまでに時間がかかります

時間がかかるということは、手数料や利息がそれだけ多く取られてしまうので、この点はデメリットになります。

しかし会社によっては 簡単に繰上返済や一括返済などもできるので、上手く利用すればデメリットの点は軽減 することができます。

 

3.お支払いを先送りできる

「先送り」という言葉は語弊があるかもしれませんが、結果的にリボ払いを使い、お支払いを先送りすることができます。

利用時にリボ払いを選択する方法はもちろんですが、一括払いで利用した分をあとからリボ払いに変更できるカードもあります
この場合、一定の期間内なら変更可能となっていることが多く、インターネット等で簡単に手続きが可能です。

支払いが滞るとカードの利用停止や、信用情報に事故情報(ブラックリスト)が載ってしまうことがあります。
しかしリボ払いへ変更することで、トータルの支払い金額が増えてしまいますが、利用停止やブラックリストに載ってしまうことを避けることができます。

この点もリボ払いならではのメリットになると思います。

リボ払いのデメリット

demerit-image

リボ払いの特徴やメリットについて触れてきましたが、良いことばかりではありません。

良い点もあれば悪い点もあるので、こちらについても確認していきましょう。

まずざっくり紹介すると、以下のようなものが挙げられます。

・返済が一定なのでついつい使いすぎてしまう
・返済負担が小さいので、元金が中々減らない

・お支払い総額が大きくなる

では上記3点について、それぞれ見ていきましょう。

 

1.返済が一定なのでついつい使いすぎてしまう

デメリットの一つとして「使いすぎ」があります。

一括払いや分割払いは、利用ごとにお支払い金額が確定し、使えば使うほどお支払い金額が増加します。
ですので一括払いや分割払いを利用する場合は、ある程度の計算をして利用する方が多いと思います。

一方でリボ払いは利用回数など関係ないので、5万円利用しても、10万円利用しても、お支払い金額は一定となっています。
ですのでリボ払いの場合は、「支払い金額が一定だから支払いは大丈夫!」とついつい使いすぎてしまう方が多いです。

使いすぎても、お支払額は一定と安心される方もいますが、利用する金額によってはお支払い期間が長期にわたる可能性もあります。

利用する目的等によっては仕方がない場合もありますが、なるべく使いすぎないように気をつけることも大切です。

 

2.返済負担が小さいので、元金が中々減らない

リボ払いはお支払い金額は一定ですが、利用する金額によって利息の金額は異なります。
利息は利用金額にかかるので、使えば使うほど大きくなるわけです。

ですので使いすぎてしまうと、お支払い金額の中から元金に充てられる部分が少なくなり、結果的に元金が中々減らないことがあります。

ここで勘違いしないで欲しいのは「元金が全く減らないわけではない」ということです。

一定のお支払い金額を支払っていけば、少しずつ元金も減っていきます。
 元金が減っていくと利息も減っていくので、その分元金へ充当される金額は大きくなっていきます 

「リボ払いは終わらない」といわれていますが、多くの理由は「繰り返し利用している」からであって、利用せずに返していけば確実に減っていきます。

リボ払いは元利型と元金型がありますが、元金が中々減らないと言われているのは、主に元利型になります。
元金型は、一定額の元金と利息を支払うタイプなので、元金もしっかりと減っていくのが分かります。

元金が減らないことに対しての対処法は、【3番のトータルで考えると返済額が大きくなる】で合わせて紹介します。

 

3.お支払い総額が大きくなる

リボ払いは一定のお支払い金額なので、利用した金額などによって返済が長期にわたることもあります。

その間、利息や手数料などもかかるので、最終的にお支払い総額が大きくなってしまう可能性が出てきます。
利用した金額や支払いを終えるまでの期間によって異なりますが、「場合によっては大きな差が生じることもある」というのを覚えておいたほうがいいでしょう。

なるべく総額の支払い負担を小さくしたい方は、毎月のお支払い金額に加えて【 追加入金(繰上返済)】を行うことで、通常より総額の負担を減らすこともできます。

これは【2番の返済負担が小さいので、元金が中々減らない】でも共通して言えることです。

リボ払いを採用している会社では、ほとんどの場合で追加入金を受け付けています。

・キャッシングカードやクレジットカードを使ってATMから返済する
・オペレーターへ連絡し、指定口座へ振込にて返済する
・次回返済分のみ増額返済をする

対応は会社によって異なるので、公式ページで確認したり、お問い合わせから連絡して確認してみるといいでしょう。

リボ払いまとめ

リボ払いについて紹介しました。

「リボ払いは危ない」と言われていますが、種類や仕組みを理解した上で利用すれば、必ずしも危険ではないことをわかっていただけたと思います。

また、メリットにもあったように、 一定の金額で負担もそこまで大きくならない返済方法なので、毎月のやりくりがやりやすくなる のも特徴ですね。

ただし、無計画に利用すると多くの人が言う「リボ払いは危ない」を実感してしまうことになるので、利用する場合はしっかり計画を立てて活用するようにしましょう。

all-list-go