カードローンの親バレは大丈夫?周囲にバレる理由とその解決策を紹介!

カードローンを利用するにあたって、「誰かにバレない?」と心配する人も多いでしょう。

「両親と同居しているけど、親バレはしない?」
「恋人や友人にバレてしまうことはないかな?」

親にバレると怒られたり、恋人や友人にバレるとお金にルーズな人と思われるかもしれませんからね。

結論から言うと「周囲にバレてしまうことはある」です。
しかもバレる人は意外と多いです。

しかしポイントを押さえておけば、周囲にバレてしまうリスクを軽減することはできます。

それでは周囲にバレてしまう理由はどのようなものがあるのでしょうか。
今回はこの点について確認して、その解決策もあわせてチェックしていきましょう。

カードローンやキャッシングがバレる理由

カードローンを利用してバレてしまう理由とは何か?

金融業者が親に言う?周囲の人に言う?
悪徳業者(ヤミ金等)じゃない限り、そんなことは基本的にありえません。

それでは自分と業者しか知らないはずのカードローンの利用。
なぜこれがバレてしまうのでしょうか。

ここでは特に多い「バレる理由」と「バレない為のポイント」を紹介したいと思います。

 

郵送物でバレる!

カードローンやキャッシングは、郵送物でバレてしまうケースがあります。

郵送物の具体例として、以下のものが挙げられます。

1.ローンカード
多くのカードローンは、専用のローンカードが発行されます。
最近はWEB完結も多く、ローンカードは郵送受取が主流となっています。
そのため、自宅にローンカードが届いてバレてしまうことがあります。
2.利用明細
ローンカードを無事受け取った場合でも利用明細でバレるパターンもあります。
消費者金融、銀行、カード会社によって対応は異なるものですが、利用するATMや借入方法によって自宅へ利用明細が送付されることがあります。
家族に中身を見られてしまってバレるパターンですね。
3.各種お知らせ等
他には、各種お知らせでバレるパターンもあります。
増額のご案内やキャンペーンのお知らせなど、様々な郵送物がありますが
何かしらの郵送物を見られてバレてしまうパターンです。

家族と同居している場合はいつ見られてもおかしくない環境にありますから、特に気をつけておきたいポイントです。

 

寛ぐ男性

それでは、一人暮らしの場合はどうでしょうか?

「郵送物?それなら一人暮らしは平気だね!」と油断する方が多いですね。

確かに家族と同居している場合と違い、郵送物を勝手に開封されることはありませんし、リアルタイムでバレることもないかもしれません。

しかし一人暮らしの郵送物って結構その辺に置いたままにしていませんか?

友人知人、恋人が遊びに来た時に、無造作に置かれた消費者金融の郵送物を見たらバレますよね。

だから一人暮らしだから安心というわけでもないです。

 

郵送物でバレないようにするには?

「郵送物でバレる」を防ぐには、以下の方法があります。

・郵送物の徹底管理
・利用明細書はWEB明細に切り替える
・カードレスタイプのキャッシングサービスを利用する
・キャッシュカード一体型のカードローンを利用する

・ローンカードは無人契約機で受け取る

まず第一に郵送物の徹底管理です。
誰かに見えるところにそのまま放置したりしないことが大切です。

しかし家族と同居している場合はこれも難しいと思います。

そういう場合は「郵送物無し」の業者を選ぶようにしましょう。

利用明細書はWEB明細に切り替えることで、郵送を停止することができます。
ただし、一部のATMの利用やその他の借入方法を行うと郵送で送付されることもあります。
この点は、各社のホームページ等で確認するようにしましょう。

ローンカードは無人契約機や店頭で受け取ることで郵送物を停止することができます。

他にはカードレスタイプを選んだり、キャッシュカード一体型となっている銀行カードローンを選ぶのもありです。
カードレスタイプならカード発行がありませんし、キャッシュカード一体型なら見た目はただのキャッシュカードなのでカードを見られてバレる心配はありません。

このようにポイントを押さえることで、郵送物でバレるリスクを軽減することができます。

 

ローンカードや利用明細書を見られてバレる!

カードが溢れた財布

ローンカードや利用明細を見られるのは郵送物だけではありません。

カードローンは名前の通り、主にカードを利用して借入をします。
そのため、自宅や財布に保管しているローンカードを見られてバレてしまうケースもあります。

また、カードだけでなく、ATMを利用後に発行される利用明細を見られてバレるケースも多いです。

ですから郵送物がないからといって油断をしないようにしましょう。

 

ローンカードや利用明細でバレないようにするには?

ローンカードについては、以下の方法でバレる可能性を軽減できます。

カードレスタイプのキャッシングサービスを利用する
キャッシュカード一体型のカードローンを利用する

郵送物でバレるパターンでも紹介しましたが、カードレスタイプならローンカードが発行されないので、カードを見られてバレる心配はないです。

キャッシュカード一体型のカードローンも、手元にあるのはキャッシュカードだけですから見られてもカードローンというのはわかりません。

次に利用明細についてですが、ここでの利用明細はATMを利用した時に発行されるものです。
これはWEB明細に切り替えても発行されます。

この点のバレない対策は「とにかく気をつける」しかありません。

・ポケットに入れたままにしない(洗濯などする時にバレる)
・机の上などに無造作に置いておかない(ひと目見てバレる)
・財布の中に入れたままにしない(何かの拍子にバレる)
・ゴミ箱に捨てる時も注意する(ゴミをまとめる時にバレる)

忘れていたり、処分の仕方によってバレてしまう可能性が高いです。
ですから、利用明細が発行された時は適切な処分をし、とにかく気をつけることが大切です。

利用明細が不要な場合は、自宅に帰る前に処分するのもいいと思います。
シュレッダーなどある場合はそちらを使うのも良いですね。

 

借りているところを目撃されてバレる!

目撃

カードローンはいつでも好きな時にATMで借入ができます。
これはカードローンの魅力のひとつだと思います。

しかし、ATMを利用しているところを目撃されてバレてしまうケースがあります。

銀行のATMやコンビニATMでしたら、銀行取引にもよく利用するのでバレることは少ないです。
ですが消費者金融のATMを利用する場合は、目撃されるとバレることがほとんどです。

ATMコーナーにはどこのATMかわかるように看板が出ています。
消費者金融の看板があるATMから出てきた人をみたら、あの人は消費者金融からお金を借りているとほとんどの人が思うのではないでしょうか。

 

目撃されてバレないようにするには?

一番確実な方法は「消費者金融のATMを利用しないこと」です。

消費者金融のATMを利用しなければ、目撃されることもありませんからバレる心配もないですね。

他にはATMを使わずに、カードローンを利用する手もあります。

中には振込キャッシングを行っている金融業者もいます。
振込キャッシングなら銀行口座から引き出す形になるので目撃されてバレる心配はなくなります。

この点を気をつけていれば、借りているところを見られてバレてしまうことはないでしょう。

 

催促の連絡でバレる!

督促状

返済日に支払いの確認が取れないと、催促(督促)の連絡が来ます。

この連絡には段階があり、まずは利用者の携帯へ連絡がきます。
この時にしっかりと対応をすれば、催促でバレる心配もそこまで大きくはありません。

ですがこの連絡を無視してしまうと、催促でバレてしまう可能性がグンと上がります。

理由は、自宅や職場に電話連絡があったり、催促のハガキが届くからです。

電話の場合は個人名でかかってくることがほとんどなので、一回位ではバレません。
しかし何度も連絡が来ると、さすがに疑いを持つ人もいるでしょう。

ハガキは家族が開封してしまったら、確実にバレますね。

 

催促の連絡でバレないようにするには?

催促の連絡でバレないようにするには

返済期日を必ず守る

これに限ります。
返済期日さえ守っていれば、催促されることはありません。

しかしうっかりミスで返済を忘れてしまうこともあるかもしれません。

そんな時は連絡が来たらしっかり対応することが大事です。
うっかりミスで忘れていただけなら、すぐに支払いをすれば催促のハガキやそれ以上の電話はきません。

返済がどうしても難しくなってしまった場合は、自分から事前に連絡するようにしましょう。
一番良くないのは「無視すること」です。

 

その他の理由でバレる!

上記以外にも様々な理由でバレることがあります。

・スマホアプリを見られる
・パソコンで操作中に見られる
・うっかり口を滑らせる
・お金の使い方でバレる
・給料日後なのに付き合いが悪い
・通帳の履歴を見られる

スマホやパソコンを覗かれたり、お酒の席でうっかり口を滑らせてバレる方もいます。

中には急に羽振りが良くなってバレる人、逆に給料日後なのにお金が無いといって付き合いが悪い場合もバレる可能性はあります。

また、振込キャッシングや自動引落しで返済をしている場合は、通帳に記帳することでその履歴が見られてしまう可能性もあります。

 

その他の理由でバレないようにするには?

その他の理由でバレないようにするには「とにかく気をつける」しかないです。

パソコンで会員ページを確認するのなら、周囲に人がいないことを確認してから。

スマホアプリはダウンロードしない、もしするならわかりやすい場所にアイコンを置かない。

うっかり口を滑らせることがないように注意する。

無駄遣いをしない、無理な返済計画はしない。

紙の通帳ではなくインターネット通帳に変更したり、ネット銀行を利用する。

絶対にカードローンをバレたくないのなら、些細なことでも気をつけるようにしましょう。

 

周囲にバレないカードローンは?

100%バレないカードローンはありません。
自分でうっかり口を滑らしてしまうこともありますし、お金の使い方をみて勘の良い人は気付くかもしれません。

しかしこれまでも紹介したように「バレるリスクを軽減」することはできます。

カードローンの利用をバレたくない方は、以下の内容を確認してカードローンを探すといいと思います。

・カードレスタイプの有無
・郵送物の有無
・WEB明細の有無

それでは、上記の観点からオススメのカードローンを紹介したいと思います。

お急ぎで借入をお考えの場合は、以下の消費者金融がオススメ!

  • SMBCモビット
  • プロミス
  • アイフル

 

SMBCモビット

SMBCモビットなら電話連絡無しで利用も可能!
10秒簡易審査で暫定結果(仮審査結果)もすぐわかるので、結果をすぐに知りたい方にはオススメです!
詳しくは ⇒【 SMBCモビットの詳細ページへ!

プロミス

プロミスも上記の条件をすべてクリアしています!
WEB申込なら最短1時間融資も可能となっているので、すぐに借りたいという方にはオススメです!
詳しくは ⇒【 プロミスの詳細ページへ!

アイフル

アイフルも上記条件をクリアしている消費者金融のひとつです!
女性専用カードローンなども提供しているので、女性の方にもオススメです!
詳しくは ⇒【 アイフルの詳細ページへ!

 

いざという時の1枚!金利で選ぶなら以下の銀行カードローンがオススメ!

  • 三井住友銀行カードローン
  • 住信SBIネット銀行カードローン

 

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行の口座をお持ちの場合は、お手元のキャッシュカードで利用可能!
口座をお持ちでない場合もローン契約にて受取ができるのでオススメです!
詳しくは ⇒【 三井住友銀行カードローンの詳細ページへ!

住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローンはローンカードを発行していません。
お手持ちのキャッシュカードを利用するのでローンカードでバレる心配は無し!
詳しくは ⇒【 住信SBIネット銀行カードローンの詳細ページへ!

 

まとめ

カードローンやキャッシングがバレる理由とその解決策を紹介しました。

「お金のことはあまり周囲にバレたくない」と考える人は多いと思いますが、今回紹介した内容を覚えておけば、バレるリスクを大きく軽減することができます。

ただ、ちょっとしたことでバレてしまうこともあるので、今回紹介した内容をすべて気をつけても「100%バレない」というわけではありません。

この点も理解しつつ管理をしっかりして、計画的に利用するようにしましょう。

all-list-go