キャッシングとは?カードローンとの違いや利用時の注意点など覚えておくべきポイントを紹介!

pig-and-money

「そもそもキャッシングって何?」

「キャッシングとカードローンの違いってあるの?」

よくこんな声を耳にします。

今、こちらの記事を読んでいる方も、ふと疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。

ここでは、そんな疑問にお答えすべく、キャッシングの意味や種類、利用する際の注意点を紹介します。

キャッシングとは

キャッシング(英:cashing)とは、「お金を借りることまたはお金を貸すこと」をいいます。

一般的には「キャッシング=お金を借りること」を指しており、 クレジットカードでお金を借りることや、キャッシング専用のカードローンでお金を借りること をいいます。
振込融資の場合は「振込キャッシング」と呼ばれていますね。

住宅ローンやマイカーローンなど目的がはっきりとしているローンには使われません。

キャッシングは基本的に 個人向け小口融資 を指しているので、「キャッシング」と「100万円以上の大口融資も可能なカードローン」では区別されることもあります。

では、キャッシングとカードローンの違いとは何か?

キャッシングとカードローンの違いとは

image-question

キャッシングとは、 お金を借りることを指しているので、大きな枠で考えると「キャッシング」も「カードローン」も違いはありません 

しかし世間的には区別されることがあります。

では、どのように区別されているのでしょうか。
この視点で、それぞれの内容を確認していきましょう。

キャッシングとは、クレジットカードでお金を借りること、つまりキャッシング枠を利用することを指しています。

クレジットカードのキャッシング枠は、カードローンに比べると限度額は低めに設定されており、多くの場合は数十万円となっています。
大小は個人差もありますが、小口融資と言える範囲の限度額です。
返済方法については「一括払い」や「リボ払い」となっています。
※中には一括のみのクレジットカードもあります。

一方でカードローンとは、キャッシング専用のカードローン商品で借り入れをすることを指しています。
カードローンの場合は、キャッシング専用のローンカードが発行されます。それを利用してATMなどで借り入れをすることができます。最近はカードレスタイプもあり、振込融資を行っているところも多くあります。

クレジットカードのキャッシングに比べると限度額は高めに設定されていることが多く、100万円以上の借り入れも可能となっています。
キャッシングは小口融資、カードローンは大口融資も可能なものと覚ええておくと良いですね。
返済方法については「リボ払い」が主流となっておりますが、基本的に繰り上げ返済はいつでもでき、翌月一括で返済などもできます。

ですので「キャッシング」と「カードローン」の違いを強いて言うなら

・借り入れ限度額の違い
・キャッシング専用かどうかの違い
・返済方法の違い

などが挙げられます。

どちらもお金を借りる点では共通していることなので、どちらを利用するにしても計画的に利用しましょう。

「キャッシング」と「カードローン」の違いについて紹介しましたが、ここはそこまで気にするほどでもありません。
しかし 「消費者金融や信販会社のカードローン」と「銀行カードローン」では大きな違いがあります 

では、この違いとは何か、こちらを確認していきましょう。

消費者金融と銀行カードローンの違いとは

bank-image

「消費者金融や信販会社のカードローン」と「銀行カードローン」の違いとは何か?

大きな違いとあるのは、以下の3つです。

・法律
・審査時間
・金利

この点は覚えておくと役立つかもしれませんね。

では、それぞれどのように違うのか見ていきましょう。

法律について

「お金を借りるもの」この点は共通していますが、「消費者金融や信販会社」と「銀行」では 適用される法律に違い があります。

・消費者金融や信販会社は「貸金業法(かしきんぎょうほう)
文字通りお金を貸す業務に対する法律が適用されます。
・銀行は「銀行法(ぎんこうほう)
銀行業務に対する法律が適用されます。
・クレジットカードのキャッシングは「貸金業法(かしきんぎょうほう)
・クレジットカードのショッピングは「割賦販売法(かっぷはんばいほう)
クレジットカードの場合は、キャッシングとショッピングで異なる法律となります。

根本的に法律が違うので異なる点は沢山あります。

カードローンとあまり関係ない部分もありますので詳しくは省略しますが、大きな違いとして「総量規制」の対象か、対象外か、というのがあります。

総量規制とは?

総量規制とは、借り入れ金額を規制する仕組みです。
原則、年収の3分の1までと規制されており、それ以上の借り入れはできません。

総量規制の対象となるのは、貸金業者(貸金業法が適用される業者)となっており、銀行は総量規制の対象外となっています。

ですのでクレジットカードのキャッシングや、銀行以外のカードローンはトータルで年収の3分の1(年収300万円の場合は、100万円)まで、銀行は年収以上も可能となっています。

しかし最近では 銀行側も自主規制をしており、年収の3分の1もしくは年収の2分の1までに抑えていることも多い です。

また、銀行カードローンのほか、以下のようなローンも総量規制の対象外となります。

・住宅ローン
・マイカーローン
・医療ローン
・おまとめローン

・クレジットカードのショッピング

すべての借り入れが総量規制の対象になるわけではありませんので、利用目的がはっきりしているものは用途に合ったローンを選択しましょう。

 

審査時間について

消費者金融と銀行カードローンでは、 審査時間に違い があります。

消費者金融の場合は、当日審査完了となるところも多いですが、銀行は最短でも翌営業日以降、長い場合は1週間~2週間かかることがあります。

審査自体も消費者金融に比べると、銀行の方が厳しいと言われています。

ですので お急ぎの場合は、はじめから消費者金融を選択するのが無難 だと思います。
審査が早いことも一つの理由ですが、大きな理由としては複数社に短期間でお申込みすると、いわゆる「申込みブラック」となり審査に通りにくくなると言われているからです。

収入面などに問題がなくても、申込みブラックになってしまうと審査に落ちることがあるので気をつけましょう。

 

金利について

消費者金融と銀行カードローンでは、 金利にも違い が見られます。

借り入れ金額にもよりますが、多くの消費者金融は上限金利を「18%」に設定しています。
一方で銀行は金融機関により異なっており、比較的消費者金融より低めに設定されていることが多いです。

金利が低いということは、その分支払う利息は少なくなるので、高いところに比べるとお得に利用することができます。

ただ、審査時間でも話したように、銀行は審査が厳しく、融資までに時間がかかることも多いです。

お急ぎじゃない場合は、金利が低い「銀行カードローン」へお申込みするのも良いですが、お急ぎの場合は、やや金利は高めとなりますが「消費者金融のカードローン」を選択するのが良いでしょう。

では、キャッシングサービスにはどのようなものがあるのか、続いてはこちらを見ていきましょう。

キャッシングサービスの種類

image36

主なキャッシングサービスは4つあります。

ここでは4つのキャッシングサービスと、例としてそれぞれのカードローン商品をいくつか紹介しています。

消費者金融

一つ目は消費者金融です。

大手消費者金融は、テレビのCMで見かけることもありますし、イメージキャラクターに芸能人を採用していることも多く、皆さんもご存知の会社はあるのではないでしょうか。

消費者金融の一例

一部ではありますが、上記が消費者金融のキャッシングサービスとなります。

 

銀行カードローン

二つ目は銀行が発行するカードローンです。

消費者金融の中には、銀行のグループ会社になっているところもあります。
「○○銀行グループ」の文字があるので、「銀行系カードローン」と紹介しているサイトなどもあり、「銀行カードローン」と勘違いされる方もいますが、「銀行系カードローン」と「銀行カードローン」は全くの別物です。

銀行系カードローンは、銀行グループの消費者金融などが提供するカードローン。
銀行カードローンは、銀行が直接提供しているカードローンです。

「銀行から借りるつもりが、消費者金融だった。」

こんなことにならないように注意しましょう。

一部ではありますが、上記が銀行カードローンとなります。

銀行カードローンは、消費者金融に比べると金利が低めに設定されていることが多いです。

 

信販系カードローン

信販系カードローンは、信販会社が提供するカードローン商品です。

信販会社ではあまりぴんと来ない方もいると思いますが、クレジットカード会社などが提供するキャッシング専用の商品といえばわかりやすいのではないでしょうか。

信販系カードローンの一例

一部ではありますが、上記が信販会社が提供するカードローンとなります。

 

クレジットカードのキャッシング機能

クレジットカードのキャッシング機能を利用するのも一つの手段です。
キャッシング機能とは、カードローンと同じようにクレジットカードでお金を借りることができる機能です。

既にクレジットカードをお持ちの方は、わざわざカードローンに申込む必要はなく、お手元にあるクレジットカードでキャッシングをできる可能性があります。
ただし、クレジットカードのキャッシング枠は、カードローンに比べると融資限度額が低めに設定されていることが多いです。

大きなお借り入れをお考えの場合は、カードローンを利用するのがいいでしょう。

キャッシングを利用するときの注意点

important-point

キャッシングは簡単に利用できるので、いざというときに助かりますが、注意して使わないと後で困ってしまうこともあります。

ですので、利用前に注意点を確認しておきましょう。

・計画的に利用する
・借りる目的を明確にする
・リボ払いに注意
・クレジットカードでキャッシングするときの注意点

上記の注意点の内容をそれぞれ確認していきましょう。

計画的に利用する

キャッシングを利用するときは、 収入と支出を把握して無理のない返済計画を立てる、返済日は必ず守る ようにしましょう。

キャッシングは、個人の信用を元に行われているので、返済が遅れたりすると信用が損なわれ、利用停止などになることがあります。

また、信用情報機関に延滞したことが登録されてしまうので、新たにローンを組めなくなってしまう可能性もあります。

ですので「計画的に利用する」ことはとても大切なことです。

借りる目的を明確にする

借りる目的を明確にし「 本当に借りる必要があるのか 」少し考えるようにしましょう。

キャッシングはあなたのお金ではなく、借りているお金です。

「借りてまで使う必要があるお金なのか」

「手持ちがあまりないから、なんとなく借り入れしていないか」

ついつい使いすぎてしまわないように、キャッシングをするときは考えるようにするといいでしょう。

リボ払いに注意

多くのカードローンで 返済方法に「リボ払い」 を採用しています。

リボ払いは、利用回数に関係なく、ほぼ一定の金額を毎月返済していく方式ですが、ひと言で「リボ払い」といってもいろいろな種類があります。

詳しくは下記記事で紹介しています。
⇒【返済方法でよく見るリボ払いとは?キャッシングサービスを利用するなら覚えておきたいリボ払いのイロハ

一定の返済となっているので「リボ払いだから大丈夫!」とついつい使いすぎてしまう方も多いようです。
借り入れ金額が高額になると、利息の割合が大きくなり「元金がなかなか減らない」こんなこともあります。

リボ払いを理解した上で利用するなら問題ありませんが、そうじゃない場合は注意してください。
気付いたらリボ地獄にはまっているかもしれませんよ。

クレジットカードのキャッシングを利用する場合

クレジットカードには、利用可能枠がそれぞれ設定されています。
「ショッピング枠50万円」「キャッシング枠30万円」といった感じですね。
しかし、利用枠全てを使えるわけではありません。

2つの枠のほか、 利用限度額が設定されており、クレジットカードで利用できるのはこの利用限度額の金額 です。

利用限度額は2つの枠を足した金額ではなく、ショッピング枠と同額になっていることがほとんどです。
つまりキャッシング枠を利用すると、ショッピング枠がどんどん減っていくことになります。

ですのでクレジットカードでキャッシングをする際は、しっかり管理しないと「欲しいものが買えない」「急にカードが使えなくなってしまった」というような問題が起きる可能性があります。

クレジットカードでキャッシングをする場合は、この点を気をつけるようにしましょう。

心配な方は「ショッピング用のクレジットカード」と「キャッシング用のカードローン」を使い分けるのも一つの問題解決方法だと思います。

キャッシングのまとめ

キャッシングの意味やカードローンとの違い、キャッシングを利用するときの注意点を紹介しました。

キャッシングは 「お金を借りること」で、クレジットカードやカードローンで借り入れをすること を指しています。

中には「カードローンは大口融資も可」、キャッシングは「クレジットカードのキャッシングのような小口融資」と区別されるケースもありますが、お金を借りる点では同じです。

また、キャッシングを利用する際は、計画的に利用することがとても大切なので、利用前にしっかり収入と支出を把握しておおよその返済計画は立てるようにしたほうがいいでしょう。

all-list-go